Diary 9246 :: That's 談 top > 今日の出来事
[今日の出来事] カテゴリー


久しぶりに京都を散策

 4月9日。仕事の切れ目と菜種梅雨の合間がちょうど重なったので、京都に出かけることにする。目的地は伏見稲荷大社と南禅寺の2箇所。伏見稲荷は外国人にいちばん人気がある日本の観光地だそうで(意外な場所がランクイン?!外国人が選んだ、日本観光地ランキングTOP30)、そんな人気があるのなら一度行ってみたいと思っていた。南禅寺は、松本清張の作品(『球形の荒野』)で待ち合わせ場所に使われた場所で、テレビドラマで見たときにとても風情があった。また、最近放映された「ブラタモリ」 でも南禅寺の境内を走る水路が取り上げられていたので、ここにも是非行きたいと思っていた。

 JRの昼特切符を利用するとおよそ半額で京都を往復できるので、10時過ぎの電車に乗り、京都発17時前の電車で帰ることにした。京都駅で奈良線に乗り換えて稲荷駅に到着したのが11:10ごろ。伏見稲荷の境内を通り抜け、予約していた瑞石庵という自然薯料理の専門店に直行。五穀米に自然薯をかけて食べる。自然薯はまろやかでとても美味しかった。大満足。

自然薯料理の店瑞石庵自然薯料理の店瑞石庵。伏見稲荷を出てすぐのところにある

瑞石庵の料理瑞石膳。五穀米たっぷり3膳に自然薯、味噌汁、炊合せ、麸の田楽、香の物、デザートなどがついて2,300円。満腹になりました。

続きを読む

天満天神繁昌亭に行ってきました

 前から一度行ってみたいと思っていた天満天神繁昌亭に行ってきた。今回は昼席(午後1時から4時過ぎまで)を鑑賞。8人の落語家による創作落語や古典落語のほかに腹話術や三味線放談を織り交ぜた合計3時間あまりの公演はとてもおもしろく、あっという間に終わってしまった。

天満天神繁昌亭天満天神繁昌亭。間もなく開演

 NGK(なんばグランド花月)で漫才や新喜劇などは何回か見たことはあるが、本格的な落語を生で聴くのは初めて。特におもしろかったのが、料理屋の生け簀での魚同士の会話を描いた、桂きん太郎さんの創作落語と、トリの桂九雀さんが演じられた古典落語の「天狗さばき」だった。「天狗さばき」は故桂米朝さんが得意としていた噺らしい。米朝さんの思い出話なども盛り込みながら、これぞ落語という世界が繰り広げられた。さすがプロの噺家だ。

この日の出演者この日の出演者

 繁昌亭の料金は、前売り券を買えば2,000円(当日券は2,500円)。2,000円で3時間たっぷり落語の世界を楽しめるのだから、とてもコスパに優れた娯楽だと思う。機会を見つけてまた行きたい。

4062879476落語の国からのぞいてみれば (講談社現代新書)
堀井 憲一郎
講談社 2008-06-17

by G-Tools

喉元過ぎれば/ツナグ

 1月14日。歯医者に行く。3日ほど前から左の奥の歯茎が痛くなり、左の頬がかつての宍戸錠みたいに腫れてしまったからだ。親不知のせいで菌が入りやすくなっているそうで、定期的にこの症状になる。「ああまたか」という感じでもう慣れてしまった。治療は口の中を消毒し、抗生物質を処方してもらうだけでおしまい。

 この症状になるたびに、炎症防止のためにリステリン等の洗口液で口内の消毒を始めるのだが、しばらくするとめんどうになってやめてしまう。洗口液には虫歯を予防する効力はないという話もある。しかし、殺菌効果があると思うので、1日2回これでクチュクチュするだけでそれなりに効果があると思うのだが、問題は続けられるかどうか。

 夜はおでんを食べながら、録画しておいた『ツナグ』という映画を観る。ツナグとは、生きている者と死んだ者との再会を仲介する使者のようなものらしい。ただし、このサービスは何度でも無制限に使えるわけではなく、生きている者が死んだ者に会えるのも、死んだ者が生きている者に会えるのも一度きりだそうだ。会いたい人がいたら、ツナグに依頼する。依頼を受けたツナグは対象となる死んだ者にその旨を伝え、依頼者に会うかどうかを決めてもらう。死んだ者もこのサービスを使えるのは1回だけなので、ほかに会いたい人がいれば断ることもあるのだそうだ。

 現実にこういうサービスがあったとして、今のところこのサービスを使いたいような相手はいない。将来両親が死んだり、妻が私より先に逝ったりするようなことがあったら、このサービスを使って会いたいと思うだろうか。そんなことは、そういう状況になってみないとわからないけれど、たぶん使わないような気がする。

 2015年の寒中のある1日の出来事でした。

B00BCT4GD0ツナグ(本編BD1枚+特典ディスクDVD1枚) [Blu-ray]
バップ 2013-04-24

by G-Tools

本当に知りたい情報

 先日大阪駅で電車を待っていたときのこと。「人身事故のため、宝塚線のダイヤは大幅に乱れています」というアナウンスが流れた。京都線で事故があったため、各線の電車が30~40分ほど遅れているとのことだった。ずっと、「○時○分発の○○行きの電車は、ただいま35分遅れで発車予定です」といった「遅れ」に関する情報を繰り返し伝えている。

遅れを表示する大阪駅の表示板

 以前から思っていたのだが、事故などによって列車の遅延が発生すると、JRは「○○分遅れ」を連呼する。座席を予約している特急列車などであれば、本来何時何分初の列車が何時何分に発車するのかという情報は大切だと思うが、普通電車や快速電車の場合、乗客にとって何分遅れかはどうでもいい情報である。知りたいのは、自分の目的地に最も早く着く電車は何時何分に何番ホームから出発するかである。特に私が乗ろうとしていた宝塚線の場合、2つのホームから電車が出るため、いつ、どのホームから最も早い電車が発車するのか、さっぱりわからない。

 人身事故などがあれば遅延が発生することは仕方がないことだし、JRにとって、ダイヤの乱れや遅延度合いを正確に把握する必要があることも十分にわかる。しかし、それはあくまでも内部の事情であって、乗客には関係のないことである。一般企業で顧客指向ということばが使われるようになって久しい。それは鉄道会社に置き換えると「乗客指向」である。JRもいいかげん乗客指向になり、乗客が何を必要としているのか理解してほしいものである。

太陽の塔に感動

 万博記念公園に太陽の塔を見に行ってきた。昨夜BSジャパンで放映していた『武田鉄矢の昭和は輝いていた』という番組で大阪万博が取り上げられ、太陽の塔について語られていたため、急に太陽の塔が見たくなったのだ(番組の内容はこちら)。

 大阪万博が開催されたのは1970年。当時私は小学4年生。一度だけ連れて行ったもらった。アメリカ館、ソ連館、三菱未来館などがものすごい人気だった。この3つのうちのどれかひとつでも入館したかったのだが、どれも5時間待ちだと言われた。「5時間待っても入りたい」という私の願いは却下された。みどり館とかいうのに入ったことだけは覚えているが、ほかは何を見たのかよく覚えていない。そんな中で太陽の塔は強烈な印象とともに記憶に残っている。小学生にとってもすごい存在感がある物体だった。

 44年ぶりに見た太陽の塔は相変わらずすごい存在感だった。万博終了後撤去される予定だったのが、永久保存されることになったとのこと。私には、オブジェとか彫刻といった芸術品の価値はよくわからないが、こんな存在感のある物体を解体・撤去することはやっぱり許されないでしょ。それと、万博当時太陽の塔の内部で公開されていた展示が平成28年に再公開されることが決定しているとのこと(「太陽の塔、復元する「生命の樹」に強烈なインパクト 平成28年度末の内部公開で万博当時の交響曲をBGMに」を参照)。当時内部の展示を見学したのかどうかについては記憶が定かではないが、公開されたら是非見に行きたいと思う。

続きを読む

奈良のそぞろ歩きもいとをかし

 一昨日、「大人の遠足」と称するイベントで翻訳者仲間数人と奈良の散策を楽しんできた。奈良在住の翻訳者仲間S先生のガイドで1日かけて奈良をゆっくり散策しようというイベントである。昨年の秋にも同様のイベントを計画していたのだが事情により取りやめになったため、ようやく念願がかなったことになる。

 午前10時過ぎに近鉄奈良駅前を出発。午前の部の参加者はガイドのS先生を入れて4人。近鉄奈良駅南側の「ならまち」と呼ばれるエリアを散策。風情のある古い町並みにお寺、各種施設、趣きのある商店などが点在している。個人で無料公開している博物館みたいなものも含め、ほとんどの寺や施設が無料で見学できる。2時間半ゆっくりとならまち散策を楽しんだ。

続きを読む

夜桜&ナイトクルーズはいとをかし

 消費税増税もあってこの年度末は何かと騒がしかった。慌ただしく新年度を迎えた昨日、仕事仲間数人と夜桜を楽しんできた。Sさんが、御船かもめという小舟でクルーズを楽しみながら夜桜を見物するというイベントを企画してくれたのだ。出発地は天満橋の八軒家浜船着場。まずは大川沿いの桜を見ながら銀橋(桜ノ宮)まで行く。そのあと中之島方面に引き返し、東横堀川を経由して道頓堀へ行き天満橋に戻ってくるというコース。川から桜を見物するなんて初めての経験だったが、あまりの楽しさに2時間のクルーズがあっという間に終わった(クルーズマップはこちらを参照)。

御船かもめ

私たちが乗る船@天満橋八軒家浜船着場

大川。銀橋付近

間もなく銀橋です。桜がきれいです。

東横堀川の水門

東横堀川の水門。ここで、運河みたいに水位調節をしました。

道頓堀

道頓堀に到着。ベニスみたいです。

道頓堀のグリコの看板

道頓堀川からグリコの看板を見上げる。

道頓堀のグリコの看板

再び大川に戻る。2時間のクルーズも間もなく終わり(全写真は「夜桜&ナイトクルーズ2014」)。

 アルコールやおつまみを持ち込んで、みんなでわいわい言いながらのナイトクルーズ&花見は最高に楽しかった。幹事のSさん、ありがとうございました。いい1年になりそうな予感がする。

久しぶりに伊勢神宮を参拝

 この正月は2年ぶりに三重の実家に帰った。伊勢神宮遷宮後初の正月ということもあり久しぶりに伊勢神宮(内宮)に参拝することにした。いつもどおり、伊勢の手前5キロほどから高速は渋滞。以前からそうなのか、今年だけの措置なのかは知らないが、乗用車は直接神宮の駐車場には行けなくなっており、近くの県営施設からシャトルバスに乗ることが強要された。ただ、このほうが内宮近辺の大渋滞に巻き込まれることがないので、時間的にはロスが少ないような気もした。

 遷宮後初の新年ということもあって、すごい人出でごった返していた。参道のおはらい町やおかげ横丁も身動きができないほどの混雑ぶり。宇治橋を渡り境内に入ると神聖な空気が漂う。やっぱりここはほかの神社とはどこか違う荘厳さがある。

 昨年知ったのだが、伊勢神宮の正式名称は「神宮」らしい。単に「神宮」と言えばデフォルトで伊勢神宮を指すようだ。日本の神社の総本山ということなのか。そう言われば、今まで気が付かなかったが道路の標識も単に「神宮」となっており、英語表記も単に「Grand Shrine」となっていた。

神宮の道路標識

 閑話休題。鳥居を2つほどくぐり、正宮の石段にたどり着く。正宮正面での参拝は90分待ちと言われたので断念する。右端のコースは比較的空いており、10分ほどで正宮に到着。神宮は個人的なお願いをするところではなく、日本の平和や反映をお願いするところだと池上彰氏が言っていたので、日本経済の発展をお願いしてきた。ただし、「日本経済が発展することによって、自分自身も経済的に潤いますように」という願いが根底にあるため、神様にそのことを見透かされて罰が当たらなければいいのだが。最後に神馬(しんめ)の姿も見ることができた。優しい目をしていた。

神馬@伊勢神宮

 参拝を終えて、参道のおはらい町やおかげ横丁で伊勢うどん、たこ串、松阪牛の串焼き、赤福ぜんざいなどを食べて実家に帰る。伊勢神宮は20年前の遷宮時にも参拝した。20年後も元気に参拝できるように健康に気を付けて生活していきたい。

初詣@伊勢神宮

蛍見物はいとをかし

 ここ川西を流れる猪名川では、昨年あたりから蛍を呼び戻す町興しプロジェクトを実施している。蛍を呼び戻すなんてそんなに簡単なことではないんだろうと思っていたら、先日散歩の際に、蛍が帰ってきたことを伝える看板を見つけた。また、市の Facebook でも乱舞している蛍の写真が紹介されていた。そういうことなら一度見てみたいと思った。

蛍の源の看板

 蛍が出現しやすい時間帯は 20 時から 21 時の間とのこと。19 時過ぎに仕事を終え、猪名川に向かった。途中スーパーに寄ってビールとつまみを買う。すぐに蛍が見られるとは限らないので、ビールでも飲みながらのんびり待とうと思ったのだ。

 猪名川の蛍出現場所に到着したのは、19 時 40 分ごろ。すでに 10 人以上の人が蛍見物に来ていた。川べりに腰を下ろしてビールを飲む。ビールなんか飲んでる不謹慎者は私くらいしかいない。ぼんやり川面を眺めていると草むらの中に蛍の青白い光を発見。しばらくすると、目の前を 1 匹の蛍が蛇行しながら浮遊する。ビールを飲み干して再度草むらを見ると、先ほどは 2~3匹だったのに、10匹以上の蛍が光っている。よく見ると、蛍は一定の明るさで光るのではなく、明るくなったり暗くなったりしている。

蛍がここにいますと点滅し  国城 鶏侍
(ほうたるが ここにいますと てんめつし)

 さらに観察すると、蛍は一定の間隔で点滅するのではなく、しばらく光らない状態が続いてから、点滅を開始することがわかった。そうか、蛍は力を貯めて光るのか。

蛍が力を貯めて光けり 国城 鶏侍
(ほうたるが ちからをためて ひかりけり)

 蛍は人間をあまり怖がっていないように見える。事実、子どもが簡単に捕獲していた。蛍のことを詠んだ句にこんなのがある。

じゃんけんで負けて蛍に生まれたの 池田澄子

 今目の前で光っている蛍たちは、この世に戻ってくるときに、本当にじゃんけんで負けた元人間なのかもしれないなどと思ったりした。精一杯光って、何かメッセージを伝えようとしているようにも見える。蛍を最後に見たのは小学生のとき。実家の近くの川で乱舞する蛍を見た時以来だった。幻想的というほどではなかったが、それなりに風情のある光景だった。久しぶり蛍を肉眼で見られて、ハッピーな 1 日だった。じゃんけんに勝って人間として生まれてきたんだから、また明日から人間として精一杯がんばります。

◯◯ご飯と言えば

 今日は午前中に仕事が終わり午後は自由の身となった。今日みたいに時間に余裕がある日は、ウォーキングを兼ねてちょっと遠くの店に食べに行くことにしている。今日のランチの候補は、(1) うどん + たこ串、(2) 豆ご飯 + 玉子焼き、(3) ラーメン + 餃子。どれも好きな組み合わせなのでかなり迷ったが、(2) の豆ご飯 + 玉子焼きに決定した。

 栗ご飯、たけのこご飯、イモご飯、あさりご飯など、日本にはさまざまな◯◯ご飯があるが、私の中で断トツの 1 位なのが豆ご飯。行きつけのまいどおおきに食堂では最近豆ご飯を出しており、豆ご飯食べたさについつい行ってしまう。いつもなら、豆ご飯(中)、玉子焼き、マカロニサラダ、体によさそうなもの 1 品の合計 4 品にしているのだが、今日は菜の花の辛子和えがあったので、それも追加してみた。菜の花はそれほど美味しいものではないが、たまにはこういう季節感のあるものも食べたい。

豆ご飯+玉子焼き+菜の花辛子和え@まいどおおきに食堂

 午後は俳句作りに励む。最近全然詠めていなかったのでがんばって作ってみた。出来の良し悪しは別にして、温めていたものを含めて 6 句もできた。今日詠んだ句は以下のとおり。

 今日は思う存分半ドンを楽しんだ。できれば明日も丸 1 日休みたいところだが、仕事の打診があれば受けてしまうので、何もオファーがないことを願う。

<<前へ 1|2|3 次へ>>