home (Translation Room 9246) > Diary 9246 :: That's 談

3.5か月で5キロ減(血圧値も改善)

 糖質制限を開始して3.5か月が経過した(詳細は、エントリー「本気で減量(糖質制限)」を参照)。開始時67.0キロだった体重が、昨日計測したところ6.18キロにまで落ちていた。3.5か月でおよそ5キロ落ちたことになる。年初に掲げた1年間で5キロ減という目標をあっさり達成しまった。この際だから目標を上方修正して、トータル8キロ減を目指すことにする。体脂肪率も25~26%から22~23%へと、緩やかではあるが確実に減少傾向にある。年初に掲げた目標は10%台に落とすこと。引き続きがんばる。

体重の変化

体脂肪率の変化

 体重や体脂肪率が落ちたこと以上に嬉しい変化もあった。血圧値が改善したのだ。糖質制限開始時に飲んでいた降圧剤が2種類から1種類に減り、さらにその1種類の服用量も8 mgから4 mgになった(8 mgの錠剤を物理的に半分に割って飲むので、これ以上弱い薬はないことになる)。「この服用量で2か月様子を見てみましょう」ということになったが、2か月後には薬を飲まなくても済むようになるのではないかと、密かに期待している。先生に、「あれほど高かった血圧がここまで改善するのは不思議です」と言われた。ダイエットをしたことを伝えると、「その影響もあるかもしれないが、5キロ程度だと普通ここまでは改善しない」とのこと。絶対に糖質制限のおかげだと思ったが、そのことは言わないでおいた(医者の中には糖質制限に反対する人もいるので、めんどうなことを言われたくないので)。

 体重を落としたら血圧値も改善するかもしれないという素人考えで始めた糖質制限ダイエット。この食生活は私にはとても合っているような気がする。米は以前からあまり食べるほうではなかったので、米が食べられなくてもまったく苦にならない。ただ、無類の麺類好きなのでうどん、蕎麦、ラーメン、パスタが食べられないのはちと辛い。我慢しすぎてストレスになるのはよくないと思い、週に1~2回は昼食限定で食べている。

 また、アルコールについても、ほぼ毎日、浴びるほどとまではいかないが、ほろ酔いをはるかに超える量を飲んでいる(ワインであれば、ボトル半分から3分の2程度、焼酎であればシングルで5~6杯)。つまみも、チーズやサラミといったハイカロリーのものを好きなだけ食べている。酒を飲む時は米(炭水化物)が欲しくならない飲兵衛の私に、糖質制限はぴったりなのかもしれない。血圧値の改善以外に、ほかにも身体にとっていい変化が現れ出した。減量の一手段として始めた糖質制限だが、最近これは単なるダイエット手法ではなく、1つのライフスタイル、新しい食習慣ではないだろうかと思い始めた。このことについて書き出すと、長くなるのでまた別の機会に書きたいと思う。

第二回新・午前十時の映画祭始まる

第二回新・午前十時の映画祭@大阪ステーションシネマシティ

 今年度の新・午前十時の映画祭が始まった。グループAのオープニング上映作品は『オズの魔法使』。10代の頃にテレビで観たきりだったので観に行くことにした。昨年度は『アラビアのロレンス』や『2001年宇宙の旅』など4時間級の大作ばかり観たので、上映時間1時間40分ほどの『オズの魔法使』はずいぶん短く感じた。子どものころに観た印象とは異なり、内容的にはちょっとちゃっちいかなとも思ったが、ドロシー役のジュディ・ガーランドも可愛かったし(思っていたほど小柄でもなく細くもなく、あれっと思ったが)、歌も楽しかったのでよしとする。

 もともとこれはミュージカルファンタジーという分類の映画であり、西洋のおとぎ話というかどこか懐かしさを感じる映画なので、肩肘張らずに楽しく観られたらそれでいいのかなとも思う。でもこんなに色鮮やかなカラーのファンタジー作品が1939年、つまり戦前の作品というのだから驚きだ。『オズの魔法使』と言えばやっぱりこれ。ジュディ・ガーランドが歌う『虹の彼方へ(Somewhere over the Rainbow)』。

 Aグループの次回上映作品は『細雪』。小百合さんも出ていることだし、観に行きたくなってしまった。時間を作って観に行こう。

B003OTDYMUオズの魔法使 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-07-14

by G-Tools

奈良のそぞろ歩きもいとをかし

 一昨日、「大人の遠足」と称するイベントで翻訳者仲間数人と奈良の散策を楽しんできた。奈良在住の翻訳者仲間S先生のガイドで1日かけて奈良をゆっくり散策しようというイベントである。昨年の秋にも同様のイベントを計画していたのだが事情により取りやめになったため、ようやく念願がかなったことになる。

 午前10時過ぎに近鉄奈良駅前を出発。午前の部の参加者はガイドのS先生を入れて4人。近鉄奈良駅南側の「ならまち」と呼ばれるエリアを散策。風情のある古い町並みにお寺、各種施設、趣きのある商店などが点在している。個人で無料公開している博物館みたいなものも含め、ほとんどの寺や施設が無料で見学できる。2時間半ゆっくりとならまち散策を楽しんだ。

続きを読む

夜桜&ナイトクルーズはいとをかし

 消費税増税もあってこの年度末は何かと騒がしかった。慌ただしく新年度を迎えた昨日、仕事仲間数人と夜桜を楽しんできた。Sさんが、御船かもめという小舟でクルーズを楽しみながら夜桜を見物するというイベントを企画してくれたのだ。出発地は天満橋の八軒家浜船着場。まずは大川沿いの桜を見ながら銀橋(桜ノ宮)まで行く。そのあと中之島方面に引き返し、東横堀川を経由して道頓堀へ行き天満橋に戻ってくるというコース。川から桜を見物するなんて初めての経験だったが、あまりの楽しさに2時間のクルーズがあっという間に終わった(クルーズマップはこちらを参照)。

御船かもめ

私たちが乗る船@天満橋八軒家浜船着場

大川。銀橋付近

間もなく銀橋です。桜がきれいです。

東横堀川の水門

東横堀川の水門。ここで、運河みたいに水位調節をしました。

道頓堀

道頓堀に到着。ベニスみたいです。

道頓堀のグリコの看板

道頓堀川からグリコの看板を見上げる。

道頓堀のグリコの看板

再び大川に戻る。2時間のクルーズも間もなく終わり(全写真は「夜桜&ナイトクルーズ2014」)。

 アルコールやおつまみを持ち込んで、みんなでわいわい言いながらのナイトクルーズ&花見は最高に楽しかった。幹事のSさん、ありがとうございました。いい1年になりそうな予感がする。

『舟を編む』と『LEADERS』と世の中で最も幸せな人間

 ずっと観たいと思っていた『舟を編む』をようやく観る。仕事でも趣味でも日ごろお世話になっている辞書。その辞書の編集に携わる人たちを描いた映画ということで、公開当時から観たいと思っていた映画である。

 営業部では今ひとつさえなかなった馬締光也が辞書編集部に移動し、水を得た魚のように生き生きとし、辞書作りに没頭していく様子はうらやましくもあった。仕事に没頭できるということは幸せなことである。ビートたけしさんのことばを借りれば、「世の中で最も幸せな人間は、何よりも仕事が楽しい人、つまり「仕事=遊び」の人」らしい。そのとおりだと思う。残念ながら、仕事が何よりも楽しいということはないが、休みなしで毎日仕事をしていてもそれほど苦にはならない。サラリーマンをしていたころは、日曜日の夕方になると憂鬱な気分になっていたことを考えると、馬締君には遠く及ばないにしても、幸せな生活を送れているのかなと思う。

 『舟を編む』を観ていてあるドラマが思い浮かんだ。先日放映されたトヨタ自動車をモデルにした『LEADERS』というドラマである。このドラマの主人公の愛知佐一郎は寝ても覚めても国産自動車を作ることばかり考え、誰もが無理だと言った初の国産自動車の開発に成功する。それは、仕事というよりも、自分の手で日本人の自動車を作るのだという挑戦(=遊び)であるとも言える。モデルはトヨタ自動車創設者の豊田喜一郎氏らしいが、この人も世の中で最も幸せな人間のひとりだったのだろうと思う。このドラマの中で主人公の愛知佐一郎が「無限動力」について次のようなことを語っていた(台詞は不正確)。

もし無限動力というものがあるとすれば、それは人間が情熱を燃やし続けて努力を続けることだ。そして困難に挑む情熱が次の世代へと絶えず受け継がれていくことこそが無限動力である。

 このドラマはあくまでもフィクションらしいので、豊田喜一郎さんがこのようなことを言ったのかどうかは知らないが、これまで世の中を変えて来たのは、そしてこれからの世の中を変えていくものは、こういった人たちの情熱なんでしょうね。

 日々ことばと格闘しことばと関わっている翻訳者として、辞書作りの大変さを描いた『舟を編む』はとてもおもしろい映画だった。DVDを借りたTSUTAYAでは、この映画を恋愛映画に分類していたが、どう考えてもこれは恋愛映画ではないと思う。私としては「最も幸せな人間」映画に分類したいところだが、そんな分類は却下されそうだ。

B00E8F42G6舟を編む 通常版 [Blu-ray]
松竹 2013-11-08

by G-Tools
<<前へ 45678|9|10111213 次へ>>