home (Translation Room 9246) > Diary 9246 :: That's 談

SkillPagesからの招待に注意!

 先日、それほど親しくない知人から以下のようなメールが届いた。

差出人: XXX XXX(知人の名前) via SkillPages Team
件名: XXX XXX has added you on SkillPages

Hi!
XXX XXX (知人の名前) wants to connect with you on SkillPages

Continue(リンク)

 記載されている名前の知人がそれほど親しくもない人であり、何となく怪しそうだったので、リンクをクリックすることもなく放置していた。そして、今日また同様のメールが届いた。

差出人: XXX XXX(知人の名前) via SkillPages Team
件名: Your invitation from XXX XXX is about to expire

Hi!
XXX(知人のファーストネーム) is waiting for you to accept this pending invitation.

Continue(リンク)

 念のためググってみると、「うっかりリンクをクリックしてしまい、迷惑メールをばらまいてしまった」といった旨のブログがいくつかヒットした(参考: 迷惑メール「SkillPages」を送ってしまいました!申し訳ありません(お詫び))。このメールの正体はどうやら、ランダムに勧誘のメールを送る迷惑メール(なりすましメール)だったようである。

 皆さん、SkillPagesのメールが届いたら、決してリンクをクリックしないように注意しましょう。 

海へ

 久しぶりに神戸を訪れる。兵庫県民でありながら神戸に行くことはあまりないのだが、妻が神戸にあるスペアリブの美味しい店とパンケーキが評判の店に行きたいと言うので、それに付き合うことになった。

 どちらの店もハーバーランドのumieという商業施設にある(「Ha・Re」「神戸阪急」「神戸モザイク」という3つの商業施設が統合され、2013年4月18日にumieという名称でリニューアルオープンしたらしい)。11:40ごろJR神戸駅に到着。umie内のトニーローマという店に直行。ポートタワーと海が見える開放的でとってもアメリカンな雰囲気のレストランだ。お目当てのスペアリブとコブサラダを注文。リブは評判どおり美味しかった(ただし、手がねちねちになるのが難点)。

トニーローマのスペアリブ

 トニーローマでランチを食べたあと、ハワイ発のEggs 'n Thingsという店に向かう。行列に並ばないと入れないとは聞いていたが、すでに長蛇の列ができている。仕方がないので列の最後尾に並ぶ。待つこと1時間10分。ようやく店内に案内される。妻はお目当てのパンケーキを注文。私はアイスコーヒーだけにした。しばらくして運ばれてきた生クリーム山盛りのパンケーキに仰天。何も付けなければ、それほど甘くない。「1枚だけ食べる」と言っていたのだが、ついつい2枚食べてしまった。

Eggs 'n Thingsのパンケーキ

 店内からは海も見え、開放感がありハワイの雰囲気が漂っている。ずいぶん前に行ったハワイにまた行きたくなった。大小さまざまな観光船が出入りしているのも見える。 普段海を見ることがない内陸部に住んでいる者は、たまに海を見るとテンションが上ってしまう。

umieの海の広場

 普段は大阪にばかり行ってしまうが、海が見える神戸ハーバーランドはなかなかいい。兵庫県民でもあることだし、これからはもっと神戸に来ようと思った清々しい初夏の1日だった。

今クールは野球ドラマがおもしろい

 今クールは2つのドラマを観ている。日本テレビ系列で放映している『弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』とTBS系列で放映している『ルーズヴェルト・ゲーム』だ。どちらも野球が絡んだドラマでとってもおもしろい。

 土曜日の21:00から放映している『弱くても勝てます』は高校野球を題材にしたドラマ。東大で研究を続けていた青年(二宮和也)が、母校である日本有数の進学校に野球部の監督としてやってくるところから物語が始まる。進学校の野球部なので当然超へっぽこチームだ。そんなへっぽこ野球部が本気で甲子園を目指す。このドラマのおもしろいところは、タイトルが物語っているように、強くなって勝つことを目指すのではなく、弱いままで勝つことを目指すところだ。いよいよ、来週あたりから高校野球の地方予選が始まる。本当に弱いままで、強豪校に勝てるのか?今後の展開が楽しみだ。

 もうひとつは、日曜日の21:00からTBS系列で放映している『ルーズヴェルト・ゲーム』。『半沢直樹』に出演していた俳優が多数出演しているため、最初は柳の下の二匹目のドジョウを狙ったドラマなのかと思ったのだが、『半沢直樹』に勝るとも劣らないおもしろさで、毎週ワクワクしながら観ている。物語の舞台は青島製作所という中堅精密機器メーカー。ライバル会社・イツワ電気の陰謀によって存亡の危機に立たされる。また、青島製作所の野球部も「負けたら廃部」という 存続の危機にさらされる。

 タイトルの『ルーズヴェルト・ゲーム』は、「野球でいちばんおもしろいスコアは8対7だ」と言ったルーズベルト大統領のことばに由来したものである。このドラマは、「窮地に追い詰められた男たちの逆転につぐ逆転の物語」とのこと。青島製作所とその野球部は本当に大逆転できるのか。今後の展開が楽しみである。なお、沖原投手役を演じている工藤阿須加は、元プロ野球選手・工藤公康さんの実の息子さんらしい。へえ~。

4101335559「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)
高橋 秀実
新潮社 2014-02-28

by G-Tools
406217376Xルーズヴェルト・ゲーム
池井戸 潤
講談社 2012-02-22

by G-Tools

3.5か月で5キロ減(血圧値も改善)

 糖質制限を開始して3.5か月が経過した(詳細は、エントリー「本気で減量(糖質制限)」を参照)。開始時67.0キロだった体重が、昨日計測したところ6.18キロにまで落ちていた。3.5か月でおよそ5キロ落ちたことになる。年初に掲げた1年間で5キロ減という目標をあっさり達成しまった。この際だから目標を上方修正して、トータル8キロ減を目指すことにする。体脂肪率も25~26%から22~23%へと、緩やかではあるが確実に減少傾向にある。年初に掲げた目標は10%台に落とすこと。引き続きがんばる。

体重の変化

体脂肪率の変化

 体重や体脂肪率が落ちたこと以上に嬉しい変化もあった。血圧値が改善したのだ。糖質制限開始時に飲んでいた降圧剤が2種類から1種類に減り、さらにその1種類の服用量も8 mgから4 mgになった(8 mgの錠剤を物理的に半分に割って飲むので、これ以上弱い薬はないことになる)。「この服用量で2か月様子を見てみましょう」ということになったが、2か月後には薬を飲まなくても済むようになるのではないかと、密かに期待している。先生に、「あれほど高かった血圧がここまで改善するのは不思議です」と言われた。ダイエットをしたことを伝えると、「その影響もあるかもしれないが、5キロ程度だと普通ここまでは改善しない」とのこと。絶対に糖質制限のおかげだと思ったが、そのことは言わないでおいた(医者の中には糖質制限に反対する人もいるので、めんどうなことを言われたくないので)。

 体重を落としたら血圧値も改善するかもしれないという素人考えで始めた糖質制限ダイエット。この食生活は私にはとても合っているような気がする。米は以前からあまり食べるほうではなかったので、米が食べられなくてもまったく苦にならない。ただ、無類の麺類好きなのでうどん、蕎麦、ラーメン、パスタが食べられないのはちと辛い。我慢しすぎてストレスになるのはよくないと思い、週に1~2回は昼食限定で食べている。

 また、アルコールについても、ほぼ毎日、浴びるほどとまではいかないが、ほろ酔いをはるかに超える量を飲んでいる(ワインであれば、ボトル半分から3分の2程度、焼酎であればシングルで5~6杯)。つまみも、チーズやサラミといったハイカロリーのものを好きなだけ食べている。酒を飲む時は米(炭水化物)が欲しくならない飲兵衛の私に、糖質制限はぴったりなのかもしれない。血圧値の改善以外に、ほかにも身体にとっていい変化が現れ出した。減量の一手段として始めた糖質制限だが、最近これは単なるダイエット手法ではなく、1つのライフスタイル、新しい食習慣ではないだろうかと思い始めた。このことについて書き出すと、長くなるのでまた別の機会に書きたいと思う。

第二回新・午前十時の映画祭始まる

第二回新・午前十時の映画祭@大阪ステーションシネマシティ

 今年度の新・午前十時の映画祭が始まった。グループAのオープニング上映作品は『オズの魔法使』。10代の頃にテレビで観たきりだったので観に行くことにした。昨年度は『アラビアのロレンス』や『2001年宇宙の旅』など4時間級の大作ばかり観たので、上映時間1時間40分ほどの『オズの魔法使』はずいぶん短く感じた。子どものころに観た印象とは異なり、内容的にはちょっとちゃっちいかなとも思ったが、ドロシー役のジュディ・ガーランドも可愛かったし(思っていたほど小柄でもなく細くもなく、あれっと思ったが)、歌も楽しかったのでよしとする。

 もともとこれはミュージカルファンタジーという分類の映画であり、西洋のおとぎ話というかどこか懐かしさを感じる映画なので、肩肘張らずに楽しく観られたらそれでいいのかなとも思う。でもこんなに色鮮やかなカラーのファンタジー作品が1939年、つまり戦前の作品というのだから驚きだ。『オズの魔法使』と言えばやっぱりこれ。ジュディ・ガーランドが歌う『虹の彼方へ(Somewhere over the Rainbow)』。

 Aグループの次回上映作品は『細雪』。小百合さんも出ていることだし、観に行きたくなってしまった。時間を作って観に行こう。

B003OTDYMUオズの魔法使 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-07-14

by G-Tools
<<前へ 34567|8|9101112 次へ>>