home (Translation Room 9246) > Diary 9246 :: That's 談

『永遠の0』と『2001年宇宙の旅』を観てきました

 昨日と今日、2日連続で映画を観に行った。今話題の『永遠の0』と46年も前に公開された『2001年宇宙の旅』である。

 まずは、昨日観た『永遠の0』について。いろんな人がとてもいいと言うので是非観てみたいと思うようになった。以前から原作を読んでみたいと思っていたので、読んでから観るか、それとも観てから読むかを悩んだが、読んでから観ることにした。600ページ弱もあるので、果たして映画上映期間中に読みきれるかが心配だったが、夜だけの読書時間で4日ほどで読みきることができた。あまりにもおもしろいので、ついつい夜更かししてむさぼり読んだため寝不足になってしまったが。

 『永遠の0』は戦争に関する記述がものすごく詳細である。戦況だけでなく、当時の日本海軍の体質や考え方もよくわかる。太平洋戦争のことはけっこう知っているつもりだったが、知らないことも多く書かれており「へえ~」と感心することしきり。そして最後に、これは単なる戦争小説ではなく愛の物語であることがわかって、何とも言えない感動に包まれた。主人公の宮部久蔵さんにとっても会いたくなり、映画を観るのが楽しみになった。

 映画では原作の内容がかなり端折られていたので、ちょっと残念な気もしたが、あの長くて濃厚な物語が上手くコンパクトにまとめられていたと思う。特攻とテロについてのやりとりはもっと掘り下げてほしかったとも思うが、それは仕方がないのかなとも思う。また、戦闘シーンの映像がすばらしく、『トラ・トラ・トラ』など、日本の昔の戦争映画のそれとlは比較にならないほどリアル感があった(実際に体験していないので、本当にリアル感があるかどうかは判断できないのだが)。また、空母赤城を間近で見ることができたことにも感激した。夏八木勲さんの熱演も素晴らしかった。またいつか、もう一度観たい映画だ。

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹

講談社 2009-07-15
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『2001年宇宙の旅』を初めて観たのは19歳か20際の時だから、もう30年以上も前になる。当時の感想は、とにかく退屈で意味不明な映画でしかなかった。「世間で大作・名作と言われているけど、こんなのどこがおもしろいんだ」と思った記憶がある。しかしその後、あのラストシーンはどういう意味だったのかが気になり、ビデオなどで何度も観るうちにその魅力に取りつかれ、好きな映画の5本指に入るほど大好きな映画になってしまった。「新・午前十時の映画祭」で上映されることを知り、何としてでも観ようと思っていた映画である。30数年ぶりに大画面で時空を超えた壮大な旅を堪能することができた。

 この映画で登場する謎の物体モノリスは、宇宙、地球の誕生時から決して変わることのないもの、そして決して人間の英知では計り知ることができない普遍のもの(それは、人間が神様と呼ぶものなのかもしれない)を表しているのかなと思う。この映画は音楽もすばらしい。「ツァラトゥストラはかく語りき」と「美しき青きドナウ」というクラシックの曲が使われているのだが、この映画のために作ったのではないかと思うほど、この映画にぴったりである。2001年はとっくに過去になってしまったが、この映画は20年後も30年後もどこかで上映されているかもしれない。

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『モンスター』は怖くて悲しい話でした

 百田尚樹さんの『モンスター』を読み終える。この小説を読みたいと思ったのは、MBSラジオ「ありがとう浜村淳です」の映画サロンで紹介された映画『モンスター』のストーリーがあまりにもおもしろそうだったからである。

 『モンスター』の主人公はあまりにも醜く不細工だったため、子どものころ「化け物」「モンスター」と呼ばれていた。その主人公が整形手術を繰り返し、誰もが見とれるような絶世の美女に生まれ変わって生まれ故郷の町に帰って来るところから話は始まる。主人公が子どものころどれほどつらい思いをしたか、そして美しくなるためにどれほどの努力をしたかが回想形式で綴られており、あまりにもの壮絶さに胸が苦しくなる。とっても怖くて悲しい話だった。

 浜村さんの「聴く映画」(浜村さんの映画サロンのコーナーは、まるで映画を「聴いて」いるような臨場感で映画の世界に入り込んでしまうので、私は勝手に「聴く映画」と呼んでいる)で聴いたとおりに、ゾクゾクするようなおもしろさで、あっという間に読み終えてしまった。男の私には女性の気持ちはよくわからないのだが、そして整形を否定するわけではないのだが、そこまで美しさを追求しなくも、ほどほどでいいんじゃないのと思ってしまう。『モンスター』は男性も女性も興味深く読める小説だと思う。お勧めです。

 百田さんと言えば、現在公開中の映画『永遠の0』が大評判だ。「ここ数年観た映画の中でいちばん感動した」と言っていた人もいた。映画を観る前に原作を読んでみたいのだが、なかなか読む時間がないため、読み終わるころには劇場公開が終わってしまいそうだ。読んでから観るか、観てから読むか。悩ましいところである。

 余談だが、百田さんは現在川西市在住とのこと。同じ川西市に住むものとして、今後百田さんの作品をいろいろ読破していきたいなあと思っているところです。

モンスター (幻冬舎文庫)モンスター (幻冬舎文庫)
百田 尚樹

幻冬舎 2012-04-12
売り上げランキング : 212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹

講談社 2009-07-15
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久しぶりに伊勢神宮を参拝

 この正月は2年ぶりに三重の実家に帰った。伊勢神宮遷宮後初の正月ということもあり久しぶりに伊勢神宮(内宮)に参拝することにした。いつもどおり、伊勢の手前5キロほどから高速は渋滞。以前からそうなのか、今年だけの措置なのかは知らないが、乗用車は直接神宮の駐車場には行けなくなっており、近くの県営施設からシャトルバスに乗ることが強要された。ただ、このほうが内宮近辺の大渋滞に巻き込まれることがないので、時間的にはロスが少ないような気もした。

 遷宮後初の新年ということもあって、すごい人出でごった返していた。参道のおはらい町やおかげ横丁も身動きができないほどの混雑ぶり。宇治橋を渡り境内に入ると神聖な空気が漂う。やっぱりここはほかの神社とはどこか違う荘厳さがある。

 昨年知ったのだが、伊勢神宮の正式名称は「神宮」らしい。単に「神宮」と言えばデフォルトで伊勢神宮を指すようだ。日本の神社の総本山ということなのか。そう言われば、今まで気が付かなかったが道路の標識も単に「神宮」となっており、英語表記も単に「Grand Shrine」となっていた。

神宮の道路標識

 閑話休題。鳥居を2つほどくぐり、正宮の石段にたどり着く。正宮正面での参拝は90分待ちと言われたので断念する。右端のコースは比較的空いており、10分ほどで正宮に到着。神宮は個人的なお願いをするところではなく、日本の平和や反映をお願いするところだと池上彰氏が言っていたので、日本経済の発展をお願いしてきた。ただし、「日本経済が発展することによって、自分自身も経済的に潤いますように」という願いが根底にあるため、神様にそのことを見透かされて罰が当たらなければいいのだが。最後に神馬(しんめ)の姿も見ることができた。優しい目をしていた。

神馬@伊勢神宮

 参拝を終えて、参道のおはらい町やおかげ横丁で伊勢うどん、たこ串、松阪牛の串焼き、赤福ぜんざいなどを食べて実家に帰る。伊勢神宮は20年前の遷宮時にも参拝した。20年後も元気に参拝できるように健康に気を付けて生活していきたい。

初詣@伊勢神宮

2014年のテーマは健康とプライベートの充実

2104年賀状

 明けましておめでとうございます。今年もくにしろと「That's 談」をよろしくお願い申し上げます。2014年の川西の元旦は曇り空。晴れ間も少し見える。ここ数年恒例となった、「今年やってみたいこと」をリストアップしておく。昨年の成績は2勝7敗1引き分けと大幅な負け越しだったので、今年は何とか勝ち越したい。

  1. 売上を 50% アップする
  2. 収入の5%を自分に投資する
  3. 俳句を年間100句詠む
  4. 文語文法と歴史的仮名遣いをマスターする
  5. 旅行に行く
  6. 年間10回以上、映画やライブ・コンサートを観に行く
  7. ベレー帽デビューを果たす
  8. 健康診断(人間ドック)を受ける
  9. バーチャル奥の細道の旅の残り986キロを歩き切って終点大垣に到着する
  10. 血圧を下げる(降圧剤の服用を不要にする)
  11. 体重 5 キロ減と体脂肪率 20% 未満を達成する(1 月 1 日現在、67 キロと 25%)

 今年のやりたいことは仕事に関する項目が2つ、趣味やプライベートに関する項目が5つ、健康に関する項目が4つ。今年のテーマは健康とプライベートの充実。昨年健康面で大きな出来事があったので、8の「健康診断(人間ドック)を受ける」は是非とも実現し、今後習慣化したい。

 今日は午後から2年ぶりに三重の実家に帰省し、明日は伊勢神宮にお参りしようと思う。年末に「充実した1年だった」と言えるように、精一杯がんがばりたい。

2013年は2勝7敗1引き分け

 今年もあと 1 日を残すのみ。この1年もあっと言う間に過ぎていった。今年の最大の出来事と言えば、やはりつい最近の入院と手術。一時期はどうなることかと思ったが、大事にはいたらず、考えられる可能性の中で最良の結果となった。それ以外には重大な事件もなくまあまあ充実した1年だったと思う。今年もまた、年初にリストした「2013 年にやりたいこと」の10 項目をいくつ実行できたかを確認することで今年を振り返ってみることにする。

 それぞれの項目について、できたことは ○、できなかったことは X、できてはいないけどまったくだめということでもなかったことは △で示す。

  1. 売上を 50% アップする: △
  2. 東京デビューを果たす(仕事関連の東京でのイベント(オフ会)やセミナーに参加する): ○
  3. 文語文法と歴史的仮名遣いをマスターする: X
  4. NHK 俳句に投稿する(入選を目指す): X
  5. 久しぶりに高校の同窓会に出席する: X
  6. 広島での野球観戦と尾道観光を実現する: X
  7. パナマ帽が似合う男になる(エントリー「憧れのパナマ帽(気分は健さん)」を参照): X
  8. 血圧を下げる(降圧剤の服用を不要にする): X
  9. 奥の細道を月山まで歩く(1 年間で 1,048 km 以上歩く): ○
  10. 体重 5 キロ減と体脂肪率 20% 未満を達成する(1 月 1 日現在、67 キロと 25%): X

 結果は2勝7敗1引き分けとさんざんな成績だったが、仕事面の成績が1勝1引き分けだったのでよしとする。ただし健康面では、9は達成できたものの8と10がXだったので、引き続き来年の目標にする。

 公私においていろいろお世話になった皆様、いつも私の拙い雑談を読んでくださっている皆様、1 年間ありがとうございました。くにしろおよび That's 談を来年もよろしくお願いします。どなた様もよいお年をお迎えください。

<<前へ 678910|11|12131415 次へ>>